日本株アクティブ ユニバース 3月

                       
  コア     バリュー     エンゲージメント  
           
                       
                       
                           [ 定義 ]                                [ 定義 ]                                [ 定義 ]    
   安定的なフリーキャッシュフローの成長     (1) 質の高い経営陣による自発的な改善が可能な企業に投資。     (1) 企業価値改善のために外部の後押しが必要な企業に投資。  
   ・FCFの安定性       (2) PBR、PERあるいはその他の定量数値でバリュー投資が確認     (2) 毎四半期に1回以上頻繁に、経営陣と緊密なコミュニケー  
   ・継続的なFCF成長率          できる。           ションをとる。    
   ・確立したブランド       (3) 保有銘柄数は50程度以下。       (3) 保有銘柄数は30程度以下。    
          (4) ベンチマーク重視ではない。       (4) 主にIR並びに財務体質に焦点を合てて企業を改善。  
                       
                       
                       
                       
   >> ファースト・センティア (First Sentier Japan Equity Fund)      >> シンプレクス (シンプレクス・ジャパン・バリューアップ・ファンド)      タイヨー (Taiyo Fund)    
      MFS (Japan Concentrated Equity)           りそなAM (りそな国内株式割安株(リサーチα))      >> ヴァレックス (VARECS Japan Equity Small Cap)  
   リンゼル・トレイン (Lindsell Train Japanese Equity)         ウエリントン・マネージメント(Japan Value Realization)      >> あすかアセット (Asuka Value Up)  
   バリューインベスト (ValueInvest AM Japan Value Strategy)         インベスコ・アセット・マネジメント(Invesco Japanese Equity Value Discovery)      >> ストラテジックキャピタル (Strategic Capital Japan-Up Unit Trust)  
   バーガンディ (Burgundy Focus Japan Equity)      >> KUアンドアソシエイツ        >> シンフォニー (SFP Value Realization Fund)  
   >> コムジェスト (Comgest Japanese Equity)      >> 日本バリュー・インべスターズ (Nippon Value Investors Japanese Equity)        GO Investment Partners (The TMAM-GO Japan Engagement Fund)  
           ダルトン・インベストメント (Dalton Japan Equity)          
                       
                       
                       
                       
                       
                       
                       
                       
                       
                       
                       
                       
                       
                       
                       
   (注) 独自に収集した情報と各社のホームページ情報を元に、HCアセットマネジメントが作成。(2021ネン3ガツ現在ゲンザイ