4/27(火)15:00~15:40
資産運用セミナー

vol.5 企業再編



企業再編とは企業の事業や経営体制の再編を行うことであり、再編の経緯は様々ですが、代表的な例として破綻(破綻しそうな状況、破綻しかかっている状況も含む)による再編、経営判断による事業の整理再編、上場企業の非公開化などが挙げられます。再編段階にある企業は常態ではなく、通常の銀行融資の仕組みでは対応しづらいため、メザニンデットやプライベートエクイティなど柔軟な金融が必要となります。逆に投資家の立場から見れば、企業再編は投資機会と言えるでしょう。

(文責:酒見)


講   師 :森本 紀行
参 加 費 :無料

ご参加/ご視聴にあたって
セミナーのご参加、ご視聴にあたっては以下3つの方法がございます。 いずれの方法でも、費用は無料です。
①オンラインでの参加
ZOOMを使用して、リアルタイムでご視聴いただけます。各テーマの講演終了後には質疑応答の時間を設けますので、こちらからご参加下さい。
②会場での参加
2021年3月、事務所スペースを半減し、大型スタジオルームを新設しました。
スタジオルーム内には代表森本の蔵書コレクションを展示いたします。
③動画視聴用IDの発行
視聴には動画視聴用IDの発行が必要です。下の「動画視聴ID発行ボタン」よりお手続きください。IDは、一度発行いただきますと、fromHCに掲載しているすべての動画が視聴可能です。講演動画は、開催3日後17時までにfromHCへ掲載予定です。掲載時にはメールニュース、Twitter、Facebookでお知らせします。
メールニュース登録: https://www.fromhc.com/magazine/index
Twitter: https://twitter.com/nmorimoto_HC
Facebook: https://www.facebook.com/hcasset/
ご視聴のお手続き詳細はこちらのPDFよりご確認ください。

参加申込/動画視聴ID発行

テーマをよりご理解いただくために
●本テーマに関連した「森本紀行はこう見る」
プライベートエクイティなるものについて」(2011.1.6掲載)
再び、プライベートエクイティなるものについて」(2011.1.13掲載)
2回のコラムにわたって、常態ではない企業に対する金融機能、社会的機能としてプライベートエクイティがどのように活躍するのかについての考察を披露しています。

ジャパンディスプレイは産業革新機構なしでもあり得たか」(2013.3.27掲載)
かつて産業革新機構が手掛け、成功を収めたジャパンディスプレイの創設を例にとり、日本の産業再編についての考えを述べています。5年前に書かれたコラムですが、日本のプライベートエクイティ事情は当時とさほど変わっていないのではないでしょうか…。

●本テーマに関連した「読んで損しない本」
Mergers and Acquisitions from A to Z」 
企業再編を行うにあたり、最も用いられる手法である事業の売却、M&Aについて書かれた本書をこのテーマの関連書籍として紹介したいと思います。

●本テーマにおいて抑えるべき用語
プライベートエクイティ(Private Equity)

(文責:酒見)

講師・パネリスト紹介

森本 紀行

HCアセットマネジメント株式会社 代表取締役社長

東京大学文学部哲学科卒業。ファンドマネジャーとして三井生命(現大樹生命)の年金資産運用業務を経験したのち、1990年1月ワイアット(現ウィリス・タワーズワトソン)に入社。日本初の事業として、企業年金基金等の機関投資家向け投資コンサルティング事業を立ち上げる。年金資産運用の自由化の中で、新しい投資のアイディアを次々に導入して、業容を拡大する。2002年11月、HCアセットマネジメントを設立、全世界の投資のタレントを発掘して運用委託するという、全く新しいタイプの資産運用事業を始める。

HCアセットマネジメント株式会社

TEL 03-6685-0683 
FAX 03-6685-0686