8/24(火)15:40~16:20
資産運用セミナー

vol.24 ヘッジファンドの基礎編

※動画視聴IDが必要です。

※動画視聴IDの発行はこちらから

ヘッジファンドはマーケットリスクを取らずにミスプライスを取るもので、優れたヘッジファンドはミスプライスのみ確定し、不要なリスクはヘッジします。例えば転換社債はヘッジファンドの代表で、株式としての価値と社債の価値に分解し、オプションのミスプライスで勝負します。転換社債を買い、オプション価格を理論値でヘッジし、金利リスクと信用リスクをヘッジするものです。もう1つの源流はディストレスト(破綻証券)で、換価リスクやリーガルフィーから、参入障壁が高く、素人が入れない領域で勝負します。当セミナーではヘッジファンドの源流と戦略について考察します。

(文責:加藤)
講   師 :森本 紀行
参 加 費 :無料
セミナー資料:https://www.fromhc.com/210824_HCseminar_24.pdf

アンケートの集計結果
Q1. ヘッジファンドの組入れに上限を設けるとしたら、総資産の何パーセントくらいが適当だと、お考えでしょうか。一つだけ、お選びください(現金相当の配分を除く)。
1.   75~100%
2.   50~75%
3.   25~50%
4.   1~25%
5.   0%
6.   その他


Q2. もしも、ヘッジファンドを投資対象として積極的に検討するとしたら、その魅力は、どのような点に、見出されるのでしょうか。一番近いものを、一つだけ、お選びください。
1.    ユニークな投資機会にアクセスできる。
2.    相対的に、流動性の高い資産に比べて、割安である。
3.    時価評価による影響が小さいもしくは無い。
4.    債券や株式との相関が低い。
5.    運用者による付加価値(バリューアップ)を期待できる。
6.    その他

テーマをよりご理解いただくために
●本テーマに関連した「森本紀行はこう見る」
ヘッジファンドなるものについて」(2010.11.25掲載)
はっきりとした基準はなく、非常に漠然かつ曖昧である「ヘッジファンドの定義」について考察したコラムです。ヘッジファンド=ヘッジ+ファンドに分割し、市場変動を避けて、つまり、市場のボラティリティをヘッジした上で、意図した投資機会だけを純粋に取り出すことはできないか。ここに、ヘッジファンドの原点があり、ボラティリティをヘッジするから、ヘッジファンドであるとしています。

再び、ヘッジファンドなるものについて」(2010.12.2掲載)
ヘッジファンドなるものについての続編。ヘッジファンドの分類として代表的な投資対象を取り上げ、ヘッジという共通の概念を軸に、議論を展開した内容です。

「赤いダイヤ」の小豆先物が投資対象になり得るわけ」(2013.4.25掲載)
梶山季之の小説「赤いダイヤ」の影響から小豆といえば「赤い魔物」というのが、ひとつの定着した商品先物に関する通念になっています。当コラムはそのような小豆先物が社会的に立派に通用する投資対象になる方法を説いた内容です。

●本テーマに関連した「読んで損しない本」 
ヘッジファンドのアクティブ投資戦略―効率的に非効率な市場
代表的な投資戦略のアイデアや、取引のベースとなる基本的なモデル、著名なマネージャーへのインタビューなど幅広いテーマに触れており、ヘッジファンドに関する情報を広くカバーしています。

●本テーマにおいて抑えるべき用語
ヘッジファンド
リスクテイク
マネージドフューチャーズ

(文責:加藤)

講師・パネリスト紹介

森本 紀行

HCアセットマネジメント株式会社 代表取締役社長

東京大学文学部哲学科卒業。ファンドマネジャーとして三井生命(現大樹生命)の年金資産運用業務を経験したのち、1990年1月ワイアット(現ウィリス・タワーズワトソン)に入社。日本初の事業として、企業年金基金等の機関投資家向け投資コンサルティング事業を立ち上げる。年金資産運用の自由化の中で、新しい投資のアイディアを次々に導入して、業容を拡大する。2002年11月、HCアセットマネジメントを設立、全世界の投資のタレントを発掘して運用委託するという、全く新しいタイプの資産運用事業を始める。

HCアセットマネジメント株式会社

TEL 03-6685-0683 
FAX 03-6685-0686