12/14(火)16:20~17:00
資産運用セミナー

vol.45 資産運用の高度化



「資産運用の高度化」は、平成26事務年度金融モニタリング基本方針の重点施策として上位に揚げられました。金融の資本市場化が、今に至るもなされていないことを問題視したものです。資金は銀行等に偏在しており、金融機関自身による資産運用の高度化が必要ですし、投資信託が真に顧客のニーズに敵うものならば、自然に預金から投資信託へお金の流れが生じるはずです。だからこそ「資産運用の高度化」という表現のもとで、投資信託の抜本的改革を求めたのです。このような課題に対しては、ノウハウ、人材、経営資源を準備し、専門性を持った人間を登用することが必要です。

(文責:長澤)
講   師 :森本 紀行
参 加 費 :無料

ご視聴にあたってウェビナーのご視聴には下記の3つの方法があります。何れも費用はかかりません。 ①オンラインでのご視聴 ZOOMを使用して、リアルタイムでご視聴いただけます。各テーマの講演終了後には質疑応答の時間を設けております。 ②ウェビナー会場でのご視聴 社内に本格的なスタジオルームを新設しました。代表森本の蔵書コレクションも展示しております。 ③オンディマンド配信動画でのご視聴 ご視聴には動画視聴用IDの発行が必要です。下の「動画視聴ID発行ボタン」よりお手続きください。ウェビナー開催3営業日後17時以降、fromHCよりオンディマンドで動画をご視聴いただけます。 動画配信開始は、メールニュース、Twitter、Facebookでもお知らせします。 掲載時にはメールニュース、Twitter、Facebookでお知らせします。
メールニュース登録: https://www.fromhc.com/magazine/index
Twitter: https://twitter.com/nmorimoto_HC
Facebook: https://www.facebook.com/hcasset/
ご視聴のお手続き詳細はこちらのPDFよりご確認ください。

参加申込/動画視聴ID発行

テーマをよりご理解いただくために
●本テーマに関連した「森本紀行はこう見る」
金融庁に「高度化」を求められた資産運用の貧困」(2014.10. 9掲載)
高度化を求められている資産運用について、一つの例として投資信託の系列重視の事例をあげています。金融機関の持続的なビジネスモデルの基礎となる、顧客の利益にかなった行為を励行することが、結果的に、金融機関の利益にもなる「好循環」が実現するはずであること、販売会社を介在させる問題点の解決策として販売会社の質を高めること、販売会社を通さない事業構造(いわゆる直販)についても言及しています。

預金を集めて投資することの意味」(2019.4.11掲載)
元本保証を付した預金負債をもって価格変動の大きな対象に投資するにはそれなりの体制を整える必要があります。資産運用を融資と並ぶ本業に位置づけ、必要な経営資源を投入しなければならないということです。資産運用の高度化のためには、独自の意思決定組織を経営の直下に置き、その下に実行部門の組織を作り、そこに資本市場の動きに適切に対応できる人員を配して、その規律ある行動が醸成されていくような組織風土を確立する必要があると論じています。

 

●本テーマに関連した「読んで損しない本」 
企業・投資家・証券アナリスト 価値向上のための対話
証券アナリストの真の役割とは何かについて書かれています。資産運用の高度化を目指す中では専門性を有した人材を登用する必要があります。そのような中で証券アナリストの役割やあるべき姿を考える際に役立つ一冊です。

捨てられる銀行3 未来の金融 「計測できない世界」を読む
本書では金融業界で起こっている問題とこれからについて、様々な事例を取り上げながら言及しています。資産運用の高度化を目指す際、現状の把握と目標に向けて何が必要かを考えていく必要がありますが、現状の把握の際には本書が役立つのではないかと思います。

●本テーマにおいて抑えるべき用語
資産形成
顧客本位
(文責:長澤)

講師・パネリスト紹介

森本 紀行

HCアセットマネジメント株式会社 代表取締役社長

東京大学文学部哲学科卒業。ファンドマネジャーとして三井生命(現大樹生命)の年金資産運用業務を経験したのち、1990年1月ワイアット(現ウィリス・タワーズワトソン)に入社。日本初の事業として、企業年金基金等の機関投資家向け投資コンサルティング事業を立ち上げる。年金資産運用の自由化の中で、新しい投資のアイディアを次々に導入して、業容を拡大する。2002年11月、HCアセットマネジメントを設立、全世界の投資のタレントを発掘して運用委託するという、全く新しいタイプの資産運用事業を始める。

HCアセットマネジメント株式会社

TEL 03-6685-0683 
FAX 03-6685-0686