2/14(火)16:20~17:00
資産運用セミナー

vol.51 エンダウメントモデル

※動画視聴IDが必要です。

※動画視聴IDの発行はこちらから

エンダウメント・モデルは米国の大学等、財団の資産運用における投資のガバナンス構造です。投資は、いかに合理性を追求しても、不確実な未来に対する賭けの要素を払拭できないため、付加価値追求の責任を明確にする必要があります。一般的形態として、資産配分を統括する最高責任者を頂点に、各々の資産に責任者がおり、その戦略を実現するために一番ふさわしい投資運用者を選任する体制で、責任の移譲関係が明瞭です。このように投資運用の各階層に意思決定の責任を明確化させることによって、組織の財産運用の無責任課題を抑止でき、専門家だから責任を負う、責任を負うから成果に繋がるという好循環により、最終的な投資成果に繋がると考えるものです。

(文責:ティ)
講   師 :森本 紀行
動画視聴用2021年度資料:https://www.fromhc.com/220222_HCwebinar_52.pdf
※2022年度資料は開催1週間前に掲載予定です

アンケートの集計結果
Q1. エンダウメント・モデルは、超長期目線での資産運用を実行し、投資対象を選別しています。では、年金基金の資産運用については、どれぐらいの期間を前提として投資実行するのが適切だと考えますか?
1. 決算に合わせて1年
2. 3~5年
3. 5~10年
4. 11~20年
5. 21~30年
6. 30年以上


Q2. 現在ご回答者様の投資期間目線は、どれくらいですか。


Q3. エンダウメント・モデルは日本において活用できる可能性はあると考えられますか?
1. はい
2. いいえ


はいと答えた方
 参考になり得る分野、方法
 

 ご意見・理由
 

いいえと答えた方
 ご意見・理由
 

Q4. エンダウメント・モデルを参考にしたい点は何でしょうか。
  

テーマをよりご理解いただくために
●本テーマに関連した「森本紀行はこう見る」
徹底的に投資を科学する」(2009.4.16掲載)
機関投資家の資産運用は大きな問題をはらんでいます。機関投資家は、組織として複雑な投資を行っており、その資産の裏には、何らかの社会的債務の裏付けがあります。では、意思決定機関の構造は、社会的責任を果たすのにふさわしい構造になっているのか、意思決定の中身は、各階層に決定権限が適切に配布されているかということです。ここでは、参考になるモデルとして大学財団の資産運用をとりあげ、運用責任明確化の重要性と効果について論じています。

責任なきところ投資成果なし」(2017.11.16掲載)
機関投資家の資産運用は、意思決定構造においては、個人の意思決定の集積を法人としての意思決定に転換するために、適正に責任を配賦する組織的な工夫を欠くことができません。そこで、個々人の専門的な個人判断を組織の意思決定に統一集約することが必須です。普通の機関投資家が陥りやすい組織的無責任を回避するガバナンスについてエンダウメント・モデルを参考に論じています。

●本テーマに関連した「読んで損しない本」 
イェール大学流投資戦略 低リスク・高リターンを目指すポートフォリオの構築
プライベートエクイティやベンチャーキャピタルをはじめ、低流動性の投資対象に目を向けることにより、超過収益を獲得するイェール大学の投資哲学を紹介しています。現在は常識として知られている投資手法であるものの、20数年前では画期的なアプローチであり、資産運用業界ではバイブルのように読まれている一冊です。

●本テーマにおいて抑えるべき用語
エンダウメント・モデル(Endowment Model)

(文責:ティ)

講師・パネリスト紹介

森本 紀行

HCアセットマネジメント株式会社 代表取締役社長

東京大学文学部哲学科卒業。ファンドマネジャーとして三井生命(現大樹生命)の年金資産運用業務を経験したのち、1990年1月ワイアット(現ウィリス・タワーズワトソン)に入社。日本初の事業として、企業年金基金等の機関投資家向け投資コンサルティング事業を立ち上げる。年金資産運用の自由化の中で、新しい投資のアイディアを次々に導入して、業容を拡大する。2002年11月、HCアセットマネジメントを設立、全世界の投資のタレントを発掘して運用委託するという、全く新しいタイプの資産運用事業を始める。

ご視聴方法

ウェビナーのご視聴には3つの方法があります。何れも費用はかかりません。①オンラインでのご視聴:ZOOMを使用して、リアルタイムでご視聴いただけます。各テーマの講演終了後には質疑応答の時間を設けております。②ウェビナー会場でのご視聴:社内に本格的なスタジオルームを新設しました。代表森本の蔵書も展示しております。③オンディマンド配信動画でのご視聴:ご視聴には動画視聴用IDの発行が必要です。「動画視聴ID発行ボタン」よりお手続きください。ウェビナー開催3営業日後14時半以降、fromHCよりオンディマンドで動画をご視聴いただけます。 動画配信開始は、メールニュース、Twitter、Facebookでもお知らせします。 掲載時にはメールニュース、Twitter、Facebookでお知らせします。
メールニュース登録: https://www.fromhc.com/magazine/index
Twitter: https://twitter.com/nmorimoto_HC
Facebook: https://www.facebook.com/hcasset/
ご視聴のお手続き詳細はこちらのPDFよりご確認ください。

HCアセットマネジメント株式会社

TEL 03-6685-0683 
FAX 03-6685-0686