2/14(火)15:00~15:40
資産運用セミナー

vol.49 預金取扱金融機関の経営課題

※動画視聴IDが必要です。

※動画視聴IDの発行はこちらから

信用創造機能は画期的な発明で、経済が成長する過程では極めて効果がありましたが、今となっては、預貸率の悪化が、預金取扱金融機関の経営を難しくしています。真に顧客と向き合い、投資目的に合った投資信託を選定し推奨する顧客本位の業務運営が求められます。
また、顧客の視点に立って何がなされるべきかを考えることが重要です。融資はあくまで顧客の需要の一つに過ぎません。融資という従来型の金融の枠組みを超えてソリューションを提供していくことを一人一人が意識すれば、日本の金融は良い方向へ向かうのではないでしょうか。

(文責:飯塚)
講   師 :森本 紀行
動画視聴用2021年度資料:https://www.fromhc.com/220208_HCwebinar_50.pdf
※2022年度資料は開催1週間前に掲載予定です

アンケートの集計結果
Q1. 預金取扱金融機関の資産運用の高度化が遅れている理由は何だと思いますか。
1. 過度に自己資本規制を意識し、リスクウェイトが低い国債などを主体とした運用から抜け出せない。
2. 融資文化の伝統が残り、投資文化への変換が難しい。
3. 長期的な戦略を定めた投資方針が存在しない。
4. 組織運用で意思決定における個人の責任が不明確となっており、責任を問われないような運用に傾斜しがち。
5. 運用人材戦略の欠如。
6. その他


Q2. 預貸率悪化で経営環境が悪化する中、預金取扱金融機関が取り組むべき課題として、どのような取組が最も有効であると考えますか。
1. 顧客視点に立った提案など、顧客本位の徹底により、融資内容の改善・増加を図る。
2. 個人顧客の真のニーズに合った投資信託を提案し、預金からシフトする。
3. 資産運用の高度化を図り、運用収益を安定的に稼得する。
4. 持ち株会社設立等により、顧客の資金調達ニーズに非金融も含め、最適な対応ができる体制を確立する。
5. その他

テーマをよりご理解いただくために
●本テーマに関連した「森本紀行はこう見る」
預金が消滅する近未来社会の構図」(2019.7.18掲載)
超成熟期に突入し、資金の蓄積過剰となった今、お金の稀少性は失われ、稀少性のないものを単に提供しても、事業として成立するはずもなくなっています。預金を放棄すれば、経営の自由度は大幅に拡大し、伝統的な金融の領域の外へも展開できます。 顧客の利益の視点で自由に考え、最善を尽くして顧客のために働こうとするとき、預金取扱金融機関の衣が不自由なら、脱げばいいと論じています。

金融の王道は信用金庫と信用組合にあり」(2019.8.1掲載)
協同組織金融機関は、金融排除された仲間を救おうと、相互扶助精神から共同体を基盤として生まれました。情報の対称性を得やすく、顧客の事情に合わせた金融のあり方を工夫できるので、真の差別化という事業の王道を追求することになります。差別優位の確立こそ事業の王道だとしたときに、銀行は金融の王道に反するというよりも、事業の王道に反しています。協同組織金融機関は共同組織の利点を生かして事業の差別化を実現するものとして、金融の王道を歩むと論じています。 同じ預金取扱業でありながら、顧客不在に陥りがちな銀行との違いについてよくわかる論考です。

 

●本テーマに関連した「読んで損しない本」 
捨てられる銀行4 消えた銀行員 地域金融変革運動体
本書のタイトル、「消えた銀行員」の「消えた」には2つの意味が込められています。 1つはリスクをとれる銀行と銀行員が「消えた」こと。もう一つは伝統的金融に安住することを止めて変革に歩みだし、銀行員の枠組みから「消えた」ことです。 金融で何ができるかではなく、地域にとって必要なことは何か、と考えて行動した方々の多種多様な実例が紹介されています。

対話する銀行-現場のリーダーが描く未来の金融
本書は、地域金融機関に対してコンサルティングを行う著者が、実際の現場で働く方々との対話の場として開催した、「VCFネットワーク」での内容が元となっています。各章ゲストから投げかけられる問いに対して、奮闘するバンカー達の姿が描かれています。 個人として現状をよしとしない思いを対話の場につなぎ、問題意識を共有化することで組織を動かす大きな力に成り得るのではないかと勇気づけらます。

●本テーマにおいて抑えるべき用語
信用創造
金融の市場化
顧客本位
(文責:飯塚)

講師・パネリスト紹介

森本 紀行

HCアセットマネジメント株式会社 代表取締役社長

東京大学文学部哲学科卒業。ファンドマネジャーとして三井生命(現大樹生命)の年金資産運用業務を経験したのち、1990年1月ワイアット(現ウィリス・タワーズワトソン)に入社。日本初の事業として、企業年金基金等の機関投資家向け投資コンサルティング事業を立ち上げる。年金資産運用の自由化の中で、新しい投資のアイディアを次々に導入して、業容を拡大する。2002年11月、HCアセットマネジメントを設立、全世界の投資のタレントを発掘して運用委託するという、全く新しいタイプの資産運用事業を始める。

ご視聴方法

ウェビナーのご視聴には3つの方法があります。何れも費用はかかりません。①オンラインでのご視聴:ZOOMを使用して、リアルタイムでご視聴いただけます。各テーマの講演終了後には質疑応答の時間を設けております。②ウェビナー会場でのご視聴:社内に本格的なスタジオルームを新設しました。代表森本の蔵書も展示しております。③オンディマンド配信動画でのご視聴:ご視聴には動画視聴用IDの発行が必要です。「動画視聴ID発行ボタン」よりお手続きください。ウェビナー開催3営業日後14時半以降、fromHCよりオンディマンドで動画をご視聴いただけます。 動画配信開始は、メールニュース、Twitter、Facebookでもお知らせします。 掲載時にはメールニュース、Twitter、Facebookでお知らせします。
メールニュース登録: https://www.fromhc.com/magazine/index
Twitter: https://twitter.com/nmorimoto_HC
Facebook: https://www.facebook.com/hcasset/
ご視聴のお手続き詳細はこちらのPDFよりご確認ください。

HCアセットマネジメント株式会社

TEL 03-6685-0683 
FAX 03-6685-0686