8/24(火)15:00~15:40
資産運用セミナー

vol.23 メザニン

※動画視聴IDが必要です。

※動画視聴IDの発行はこちらから

企業の資金調達には、株式発行、社債発行、借入のほか、中間的なメザニン発行があります。メザニン発行は、企業が特殊な状況に陥った際に一時的資本不足を補う目的が主体です。例えば、コロナで一時的な資金不足に陥った場合、緊急性が高い場合、企業買収を行う場合、産業構造の変革に伴い社会的、技術的条件が変化する場合が挙げられます。投資家との共通利益実現のためには、借り手が早期償還するインセンティブを高める設計が必要です。本セミナーではメザニン調達が合理的な状況や、投資家との共通価値を実現するための方法論について考察します。

(文責:加藤)
講   師 :森本 紀行
参 加 費 :無料
セミナー資料:https://www.fromhc.com/210824_HCseminar_23.pdf

  アンケートの集計結果
Q1. メザニン戦略の投資を検討される際、運用担当者として、運用会社や戦略を選択するにあたって、どのような点を一番重視しますか。一番近いものを、一つだけお選びください。
1.    案件に合わせた適切なストラクチャーを設計する能力。
2.    ユニークな投資機会にアクセスできること。
3.    組入れ案件数と属性によるポートフォリオの分散。
4.    安定したキャッシュフローからの分配が期待できること。
5.    社会に対して有意義な分野に特化すること。
6.    投資家への情報開示


Q2. メザニン戦略の投資を検討される際、運用担当者として、どのようなことが一番魅力的だと思いますか。一番近いものを、一つだけお選びください。
1.     ミドルリスクによるミドルリターンの獲得(程よいリスクリターン水準)。
2.     プライベートエクイティファンド(PE)やプライベートデッドファンド(PD)と組み合わせることによる分散効果。
3.     案件に応じ様々な資本構成で資金提供を行うことの柔軟性。
4.     PE代替にもなり、またPEにはない安全弁が確保され、ボラティリティが抑制されること。
5.     PD代替にもなり、またPDにはないリターン水準を期待できること。

テーマをよりご理解いただくために
●本テーマに関連した「森本紀行はこう見る」
期日を守るから生産性が低いのだ」(2020.9.17掲載)
期日を守ることよりも、期日を早めることにより、仕事の質の改善になるよう構造化することが重要です。メザニンの金利は普通の負債より高く設定されるため、企業としては、できるだけ早期に償還する方向に利益誘因があります。結局、メザニンにおいては、企業経営者の速やかなる経営改革努力を促す方向に利益誘因があるわけです。当コラムはそんなメザニンの本質について紹介します。

資金調達の必要性が企業経営をよくする」(2020.10.15掲載)
企業は戦略展開の優位を確保するために、より確実に、より速く、より有利な条件での資金調達が必要です。必然的に企業は経営状況を最善に保とうと努めます。
当コラムは企業側の論理から如何にして資金調達を行うのが最善か考察した内容です。

●本テーマに関連した「読んで損しない本」 
コーポレートファイナンス 戦略と実践
ファイナンスを基礎から実務的な内容まで分かりやすく説明したコーポレートファイナンスの教科書。実際の企業の経営データを使って説明しているため、イメージアップしやすく、メザニン含めどのようなファイナンス手法が最適か考えさせられるよく練られた内容です。

Mezzanine Financing: Tools, Applications and Total Performance (The Wiley Finance Series)
この本以外にメザニンを直接扱った本はほとんどありません。メザニンの特徴でもある構造の柔軟性について包括的にまとめた内容です。

●本テーマにおいて抑えるべき用語
メザニン

(文責:加藤)

講師・パネリスト紹介

森本 紀行

HCアセットマネジメント株式会社 代表取締役社長

東京大学文学部哲学科卒業。ファンドマネジャーとして三井生命(現大樹生命)の年金資産運用業務を経験したのち、1990年1月ワイアット(現ウィリス・タワーズワトソン)に入社。日本初の事業として、企業年金基金等の機関投資家向け投資コンサルティング事業を立ち上げる。年金資産運用の自由化の中で、新しい投資のアイディアを次々に導入して、業容を拡大する。2002年11月、HCアセットマネジメントを設立、全世界の投資のタレントを発掘して運用委託するという、全く新しいタイプの資産運用事業を始める。

HCアセットマネジメント株式会社

TEL 03-6685-0683 
FAX 03-6685-0686